表紙 > 釣魚別情報 > な行 > ニゴイ

ニゴイの釣り情報

硬骨魚綱 コイ目 コイ科 ニゴイの釣魚別情報ページです。

サイズランキング

投稿釣果情報

図鑑画像

  • 関連釣り場

  • 関連釣法

習性・生態など釣魚の特徴

  • 1.
    カサカワ
    コイに似ているからこの名が付いた。
    肉食性が強く、小魚などを襲って食べることもある。
    時々ルアーなどで釣れる。
    • 0
    • 0
    07年07月26日00:35
  • コイ科の魚。日本特産の温帯性の淡水魚。姿形がコイに似ているのでこの和名がつけられたというが、ニゴイは体がスマートな円筒形で、背ビレが小さく、また口ひげが1対しかない(コイは2対)ので、区別が付く。やや水の濁った砂礫底に好んですみ、肉食性で、ゴカイやミミズ、小型の巻き貝、水生昆虫の幼虫などの底生の小動物を捕食する。産卵期は4~6月で、雄の頭部、胸、腹ビレに追い星が現れる。早朝や夕方、あるいは雨上がりのささ濁りの時に、簡単なウキ釣り仕掛けでよく釣れるが、淵に集まる大型ニゴイは投げ込み釣りでねらう。全長60cmに達するものもいる。
    • 0
    • 0
    12年10月05日20:54
"