【釣果15匹ヤマメ11イワナ2ニジマス2】赤久縄2023.11.29

ヤマメ
釣魚:ヤマメ
投稿:23年12月01日09:34
場所:群馬県 藤岡市 赤久縄
【釣果15匹ヤマメ11イワナ2ニジマス2】赤久縄2023.11.29
状況
・天気 晴れ
・気温 7℃(ルアー・フライエリア駐車場9時半)
・水温 9℃(上流自然渓流エリア2中間点11時)
・水位 減水(前回釣行2023.11.15との比較)
・風 時々強風
・虫 若干の小型カゲロウ

ヤマメ・イワナの活性
時々の強風で寒い・・・・。
風対策として使用するレインウェア(上)を見事に忘れ、フリースのみの防寒対策。
体感的には氷点下・・・っと思う。
渓流から見上げる小さな空では雲が飛んでいく。
これでは、一日中強風だな・・・っとテンションが下がる。

今日は、上流自然渓流エリア2を釣る。
最下流から上流をみると、誰もいない。
ヨシ!
しかし、誰もいない理由がすぐに分かった。
反応がない。
流れの中にヤマメ・イワナ・ニジマスと勢揃いしているのだが、表層にはいない。
川底ベッタリ・・・・。
水温9℃だから流れ(瀬)に入っていると思ったのだが、入っていない。
おそらく直近の水温が乱高下しているのだろう。
この時点で苦戦・・・・の予感。

案の定、最下流の橋から本格的な山岳渓流が始まる場所まで反応が5回・・・ヤマメ1。
「ドライフライでは、かなりキツイ・・・・いや、勉強になる!っと考えよう」っと無理矢理テンションを上がる。
本格的な山岳渓流の入り口付近から反応が多くなる。
11時半・・・・水温が若干上がったのかもしれない。
12番スズメバチカディスに反応してくれる。

反応っと言っても直前Uターンが多いし、ちょっと触れる程度の反応がほとんどだ。
水温の乱高下の影響がもろに現れている。
超高速アワセ・・・・だが、フッキングが甘く、フックアウトやスッポ抜けが連発する。
そんな時に限ってイワナが・・・・なかなか難しいもんだ。

ライズはない。
数回小型のカゲロウが水面付近をユラユラ?フラフラ?飛んでいたが、いずれも水面を割ることはなかった。

今日のターゲットもイワナなので、緩い流れや止水域を狙うのだが、ヤマメが釣れる。
イワナは川底ベッタリ・・・・しかも、ヒザ水深の場所。
何度フライを流しても反応はさせることはできなかった。
せめてスネ水深なら・・・っと思うのだが、実力不足を自覚させられる。
  • 0
  • 0
天気気温
---℃
潮汐にごり水温
---℃
"