2022.7.28 GO TO シャロムの森 釣果13匹(ヤマメ13イワナ0)

ヤマメ
釣魚:ヤマメ
投稿:22年07月28日20:10
場所:群馬県 みどり市 シャロムの森
2022.7.28 GO TO シャロムの森
釣果13匹(ヤマメ13イワナ0)
状況
・天気 晴れだったが、13時以降雷雨
・気温 25℃(10時管理棟)
・水温 18℃(10時半L3入渓点)
・水位 増水(例年比較)
・水位 若干の増水(前回2022.7.25比較)
・虫 アブ、ブユ、ハエ、スズメバチ(管理棟)
・虫 ハエ?(L3入渓点)
・風 無風

サカナの活性
午前中はいい天気で、曇りの予報だったが、陽射しに青空でいい天気だった。
少々雲があり、その雲が上流から下流へ流れている。
「これは・・・・ヤバイかも!?」っと思いつつ、入渓、予感的中・・・・。

12時過ぎて急に黒雲。
13時以降カミナリ+豪雨。
水面が雨粒で乱れまくり、急激に濁りも発生、ドライフライで気持ちよく楽しめる状況ではなくなった。
サカナも急激な水温低下と濁りによって水底に沈んだ様子。

コロナが再流行しつつ、現在発熱は厄介・・・・・っと判断し、13時半釣行終了。

結果的に10時から13時までの短時間釣行。
フライは、12番スズメバチカディス。
水面付近に羽虫が確認できない状況であったが、ポイントごとに最低1回は反応があった。
高活性・・・・・だが、L3なので入渓者の痕跡が至る所に発見できる。
「シャロムの森といえば、L3!」というくらいファンの多い区間なので、当然か・・・・。

サカナが水面に対して神経質になっている感じ。
Uターンや突っつくのみ・・・・って反応が多かった。
最近は、Rの上流でイワナを相手に遊んでいた。
「Rの素直なイワナから一気にLの神経質なヤマメ」という変化についてゆけていない。
具体的には
・ヤマメのポイントに対する見極め
・アワセのタイミング
・ストーキング

増水でサカナが潜んでいると考えられるポイントが多く、
ヤマメを意識したポイントの取捨選択がイマイチだった。
・15〜20センチのヤマメは、ポイント下流の沈み石付近に潜んでいた
・尺に近い大きなヤマメは、ポイント上流の白泡の底にいる感じ・・・

「しっかりとフッキングさせた」っと思ったら、フックアウト・すっぽ抜けが多かった。
おそらくアワセが遅かったのだろう・・・・

活性云々を言う前に、ストーキングのミスが多かった。
Rのイワナは意外と大胆に接近しても逃げられることは少なかった。
逃げられたとしても、
5分も待っていれば大小問わず、だいたい戻ってきたし、
10分も経過すればフライに反応してくれた。
こんな調子でL側でサカナに接近すると、100%逃げられた。
そして、もう戻ってこない・・・・・。

*詳細は、https://100sai-hukutyan.com
アップは、20222.7.31を予定しています。
  • 0
  • 1
天気気温
---℃
潮汐にごり水温
---℃
"